遥かな町へ

2017/12/18

画力でしか表現できないマンガもある。
そんな事を感じさせてくれる数少ないマンガ家
それが、「谷口ジロー」だ。

「神々の山麓」では、その圧倒的な描写力から、
登山の世界を描き出し、
「孤独のグルメ 」では、サラリーマンの
何気ない日常をこれ以上ないほど味わい深く描く。

そして、本作はそんな谷口ジローが
珍しく原作抜きで描いている作品である。

自分の人生の行き場を見失い、
流されるままに田舎に辿り着いた
中年男性。

そして、母親の墓参りをした時に、
不意に訪れる違和感。

瞬間、世界が回転し、
彼は中学生の自分に戻る。

この辺りの描写が、もう
恐ろしく上手い。

世界が回転している様が、
急に若返った体を操りなれない視点が、
全て絵の力で再現されている。

タイムスリップマンガはやまとあれど、
リアリティまで紙面に再現できたマンガ家を
私は他に知らない。

物語自体も味わい深く、
最後まで読まずにはいられない傑作。

画力があるという事は、
かくも作品の奥行きを広げるものなのだ。

f:id:mangadake:20160911074323p:plain


 

遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル)

遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 谷口ジロー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/11/30
  • メディア: コミック
  • 購入: 3人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (33件) を見る